燻製屋・南保留太郎商店について

この度は当サイトをご訪問いただき誠にありがとうございます。

 

当店は北海道余市町の港町に工房と店舗を構え、

余市漁港が目の前という利点を生かし、

余市の新鮮な魚介を中心に野菜など様々な食材の燻製を製造販売している、

燻製専門店」です。

 

南保留太郎商店の燻製

 

燻香     (香り)

燻製を作る際に欠かすことのできない燻煙。
使う燻材(木材)によって、さまざまな香りや味の変化が楽しめます。

当店の燻材には北海道産のブナ木のおが屑を使用し、
どの商品も北海道の大自然を感じられる香り高い燻製に仕上がっております。

※ブナの木の燻煙は比較的マイルドな香りで、食材を選ばずオールマイティに使用出来き、特に魚介には相性のいい燻材です。

 

 

北風     (熟成)

当店の燻製にとって北風は欠かせない材料の1つです。

冬の北海道の冷たく乾いた海からの北風は、食材に燻香を馴染ませゆっくりと水分を抜きながら、じっくりと熟成を進ませます。

その乾いた海からの北風が当店の燻製を旨味の凝縮した、北海道の潮風香る芳醇な燻製にしてくれます。

 

 

 

時  (手間暇)

当店の主な燻製は、創業者である南保留太郎が戦前住んでいた樺太(現:サハリン)の先住民より学んだ、伝統の冷燻製法手間ひまを掛けて作られております。

20℃前後の低い温度で、燻製熟成を繰り返す冷燻法には長い時間が掛かります。
素材によっても変わりますが当店の場合、1週間~1ヵ月を燻製作業に費やします。
熟成や生処理・味つけ作業などの踏まえると製品として完成するまで、長いもので3ヵ月掛かってしまいます。

時間が掛かる分、あまり多くは作れませんが、一品一品、原料から手間ひまを掛け丁寧に作り上げております。

 


厳選された数々の素材を使用し、創業からの製法で丁寧に燻し上げた燻製を

北海道余市町から心を込めてお届け致します。

大自然のワイルドな味と香り、そして歴史を是非一度味わってみて下さい。

※当通販サイトでは一度に購入できる商品の数量が限られております。また、大量購入や、送り先が1件以上の場合はお電話またはFAX、メール、お問い合わせフォームにてご連絡いただけますようお願い致します。

 

過去のテレビ出演情報はこちら

 

※当店隣で飲食店も経営しています
燻製レストラン【燻香廊】

燻製屋・南保留太郎商店

(くんせいや なんぽとめたろうしょうてん)

〒046-0024

北海道余市郡余市町港町88番地

販売責任者    代表取締役   南保 憲亨

TEL 0135-22-2744

FAX  0135-23-2150

Email kunsei.npo@gmail.com

公式通販サイト https://nptomedon.com/

お問い合わせフォームはこちら